私たちの教育法は、文法重視の文法アプローチと、近代的なコミュニカティブアプローチを統合したものです。大切なのは、日常繰り返すようなシチュエーションの中でコミュニカティブな文脈で文法事項を練習することです。

授業ではタスクに従いながら、学生たちに合わせて進めます。

教材

授業では教科書と一緒に、新聞や雑誌記事、視聴覚資料などの副教材を使います。使用する教科書は、インターナショナルハウスの教師たちによって改良され、言語の全ての領域がカバーされています。

登録料には最初の教科書と副教材が含まれています。レベルを変更するときは新しい教科書を買うか、ライブラリから借りることができます。学校のライブラリでは本や参考書を貸し出しています。

証明書

コース終了時には、受講したコース名、授業時間数、到達レベルの書かれた出席証明書と学習進歩レポートが与えられます。